Member's interview

挑戦し続けるメンバーたち

07

未知の領域に踏み込んだからこそ、
私は常識の破壊者になれた。

株式会社ウィルグループ

シェアハウス部 部長

DAISUKE WAKAIZUMI

プロフィール

2007年新卒入社。入社後は、製造現場、支店立ち上げ、人事部で新卒採用、営業戦略推進などを経験。社内新規事業化制度「『超』BMG(ビジネスモデルグランプリ)」を経て、グループ内で初の分野「LIFE(暮らす)」の領域で事業を立ち上げる。好きな言葉は「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」

面接で、社長に直接「3年で起業する」と豪語。

私は自分の祖父が商売人だったせいもあるかもしれませんが、高校の時から経営者になる憧れを持っていました。少し乱暴な言い方をすると「サラリーマンに憧れがなかった 」という思いもあったのです。だから最初は就職活動する気が起きず、大学を卒業したらすぐに自分の会社を設立しようと。でも、ふと立ち止まって考えたのです。「仕事って何だろう」という基本も知らない人間に、そもそも経営者が務まるのか?まずは事業をつくり、運営するノウハウを学べる土台を社会で磨くべきじゃないのかと。

そんなことを考える私にとって、社歴に関係なく新しい仕事にチャレンジできるウィルグループは絶好のステージでした。「3年で会社を辞めて 起業する」と 伝えた私に対して、社長は「いいじゃないか」と一言。この会社でなら、どんどん自分を磨いて夢を実現できると思い、入社を決意したのです。入社後は様々な職域を経験しながら、仕事人としての地力を蓄積。そして数年後、その機会を手に入れました。

pct-member7_01

想いは残る、伝わる。とにかく感情をぶつけた社内プレゼン。

そのチャンスとは、社内に新規事業をプレゼン形式で提案する「『超』BMG」でした。その年、「『超』BMG」にエントリーされた事業プランは100以上。私が提案したのは、グループ内では前例のない「LIFE(暮らす)」分野の事業。コミュニティのある暮らし方を実現させるために、シェアハウスを企画。第一弾として社会的ニーズの強いITエンジニアにフォーカスしたコンセプト型シェアハウスをつくり、成長意欲あふれるメンバーがワクワクできるコミュニティをつくりたい!既存の不動産業界では提供できていない、まったく新しい価値・サービスを提供したい!という内容のものでした。

事業化の切符を手にするには、プランの内容よりも「こんな未来はワクワクする」と感じていただける「心」に訴えかけるインパクトが必要…そう感じ、私は、新規事業にかける情熱をひたすらぶつけました。そんな私の想いが通じた形で、自分が描いた新規事業を自らの手で築き上げていくチャンスを掴んだのです。ただ、そこからは困難の連続。不動産業界もIT業界も未経験、という状況下で社内外の協力者が必要でしたし、私が考える理想的なビジネスモデルを貫く中で、大きな壁にもぶつかりました。

pct-member7_02

異業界からの挑戦。だからこそブレずに、尖る必要があった。

通常、家賃を支払う能力があれば住みたい家に住めるのが一般の賃貸住宅です。ですが、私は魅力的なコミュニティを築くために、入居希望者への面接を綿密に行い、まるで採用面接のようにメンバーの選定をしました。全くの異業界からのチャレンジ。だからこそ業界の常識を覆すアクションを起こさなきゃ事業として勝つことが出来ない。ここで妥協し、ブレてしまっては他社のサービスと何も変わらない。こんな思いを胸に、質の高いコミュニティ作りにこだわり抜きました。部屋が埋まらないと収益化できないのに、なぜ入居を認めないのか。当初は社内外から疑問 の声もありましたが、次第に口コミを通じて、入居者が新しい入居者を呼ぶ…そんな好循環を生み出し、今では 部屋が空いたらすぐに入りたい!と入居を待っている方がいるほどまでの人気物件になろうとしています。

私はシェアハウスという異業界で挑戦する中で、自分はまだ何も知らない事を痛感すると同時に、知らないからこそ常識にとらわれず、新しいものを生み出さなければいけない、ということを学ばされました。この経験を糧に 事業をさらに発展させ、LIFEの分野で法人化するをつくる ―。これは今までのチャレンジを通じて、新たに生まれた目標。共に頑張る仲間と力を合わせ、新規事業を盛り上げていきます。

pct-member7_03

説明会に参加する

Go to Top