New member's interview

挑戦のステージに立つ16年卒内定者

中央大学

文学部 フランス語文化専攻

KOSUKE ARAI

中央大学
文学部 フランス語文化専攻

荒井 紘輔

Q学生時代での挑戦を教えてください

中学から陸上を続け、高校ではインターハイの準決勝まで進み「神奈川と言えば荒井」と言われていた私。だからこそ、大学でも絶対に活躍してやる…そんな想いを胸に大学陸上の世界に飛び込みました。ですが、そこで待っていたのは大きな挫折。先輩達がオリンピックに出場するレベルで、「荒井と言えば遅い」と揶揄されるほどでした。そんな状況下で「先輩達を見返したい」この想いを原動力に、誰よりも早くから、そして遅くまで練習を続け、大学2年には国体に出場できるまで成長しました。ですが、これをピークにタイムは伸び悩む一方。3年次には、陸上への情熱は消え、グランドへ向かう足も遠のいてしまいました。こんな形での幕切れに、今でも悔み続ける自分がいます。だからこそ、社会人というステージでは絶対にこんな気持ちは味わいたくない。どんな困難にも諦めずに立ち向かいたいです。だから社会人になった時、大学時代の後悔が糧になった…そう思える日を迎えたいですね。

Qウィルグループを志望したきっかけを教えてください

ウィルグループとの出会いは合同の企業説明会。そこで、ウィルグループが掲げる「根拠なき自信」という言葉に強い衝撃を受けました。今までの自分の生き方をそのまま言語化したようなフレーズだったからです。大学1年の時、オリンピック に出場する先輩に勝ちたい一心で練習を重ねる中で、勝てる根拠はないけれど、自信だけはあった。…そんな実体験もシンクロしました。だから、その場で「根拠なき自信とは、俺の事です。」そう、興奮しながら伝えたのを覚えています。また、同時に経営理念に対して、ウィルグループには他の企業と違う、決定的な差を感じました。選考が進む中、多くの社員の方 と出会いましたが、誰もがウィルグループの経営理念に共感し、その実現に向かって進んでいました。壮大な経営理念を掲げるだけの企業ならたくさんある。でもそれをきちんと多くの社員が共感している…そんな企業風土と社員の方々の想いに強い魅力を感じ、入社を決意しました。

Qウィルグループでどんな社会人を目指したいですか?

ウィルグループに入社して、具体的にやりたい事…というのは実はまだありません。どこの配属だったとしても、その場所で折れずにやりきる自信があります。これこそが私の「根拠なき自信」かも知れません。ただひとつ言える事があるとしたら、No.1にはこだわりたい。そのためにも同期に負けたくない…という強い想いがあります。実際、同期には、すごい人間がたくさんいます。私よりも熱い想いを持っている人、自分には想像できない位の量の知識がある人、思った事をどんどんぶつけてくる人…。個性的な人間が多く、本当に色々な世界を見せてくれる、刺激に満ちた仲間です。このライバルたちに勝つために、私は人を惹き付ける力でNo.1を勝ち取りたい。そして「神奈川と言えば荒井」から「WILLと言えば荒井」 と呼ばれるような結果を残します。

説明会に参加する

Go to Top