New member's interview

挑戦のステージに立つ16年卒内定者

明治大学

理工学部 情報科学科

NOBUHISA KAI

明治大学
理工学部 情報科学科

甲斐 頌久

Q学生時代での挑戦を教えてください

昔から「お金持ち」や「社長」を夢見ていた私。大学入学当時からこの夢の実現のために、様々なチャレンジを繰り返してきました。自分にしかできないビジネスを創出するためにビジネスコンテストに応募。ここで、準優勝を受賞し、事業を作ることの楽しさに目覚めました。それと並行してお金持ちになるための方法を学ぶために投資家になり、投資家になるための学習をもっと早い段階からするべきだと、「マネー教育」に着目。投資や金融に関するゲームを考え、再度ビジネスコンテストに応募。 優勝を勝ち取り、事業化をその手に掴みかけました。ですが、本格的な事業の始動を前にメンバーが次々と離脱してしまったのです。その後、また別の挑戦として、日本の就職活動をもっと面白くする人材サービスの事業を始めるも、再度ストップ。この時、どれだけ優秀なアイデアがあってもビジネスを立ち上げ、成功させるのは簡単な事じゃないと痛感しました。でも、私は諦めません。起業の夢をいつか掴みたいと思います。

Qウィルグループを志望したきっかけを教えてください

当時、進めていた人材ビジネスサービスの事業が頓挫したことで、自分を見つめ直す必要があると感じ、自分の仕事観や事業を続ける意味を自問自答し続けました。そこで出したのが、「就職」という答えだったのです。「一度足を止めよう。」そんな思いのもと就職活動をスタートするのですが、同じようなリクルートスーツを着て、同じような就活サイトを見て、面接官の質問に同じような答えをする。そんな就職活動が耐えられませんでした。そこで「自分なりの就職活動をしよう」こう心に決めます。プロセスや服装なんて関係ない。気になる会社があったら、直接アポイントを取って人事担当や社長に会う。そんな型破りな就職活動 の中で出会ったのがウィルグループでした。選考を重ねる中で、情熱的で好奇心に溢れた社員の方たちが多く在籍し、ITの領域で自分の大学時代の経験が活かせる環境だという事を実感。私が一度止めようと決めた足を、もう一度踏み出すための場所はここしかないと、ウィルグループへの入社を決めました。

Qウィルグループでどんな社会人を目指したいですか?

ウィルグループに出会い、どんなビジネスをしているのかを調べている中で、ITの領域を今以上にもっと伸ばせるんじゃないか…そう感じていました。そこで社長面接の際に「私がウィルグループにITの事業を取り入れます。」と宣言しました。ですから、入社後は今私が注目し、勉強しているAIや先進的なIT技術を絡めた企画を立ち上げたいですね。人材業界に、今までなかった新しい革命をITにより起こし、現在の人材業界No.1企業に勝つ。そんなことを考え、静かな情熱の火を燃やしています。そして最終的には学生時代に叶えられなかった起業に再びチャレンジしたい。そのためにはまず、入社したら先輩に食らいつき、技術を盗んでいきたい。常に好奇心を持って、新しい事に挑戦し続けるウィルグループの仲間となら、きっと歩みを強められるに違いありません。

説明会に参加する

Go to Top