New member's interview

挑戦のステージに立つ16年卒内定者

立命館大学

経済学部 経済学科

risa Nakai

立命館大学
経済学部 経済学科

仲井 利沙

Q 学生時代での挑戦を教えてください

大学3年の時に参加した、ウィルグループ主催の「サービス企画・実行」というインターンシップで、チームリーダーとして就活メイク講座を企画・実行しました。リーダーが自分に務まるかという不安がありましたが、直感で自己成長できると感じてリーダーに立候補。しかし、実際にリーダーとして企画を進めていくと、大変なことがたくさんありました。

その中でも、チーム内のモチベーションの差を埋める事が一番大変でした。私は聞き役に徹して、メンバー一人ひとりと話し合い、個々に合わせてモチベーションの上がる施策を練る事で解決しました。実施した講座では、参加者から非常に好評を頂き、その時の充実感は非常に大きいものでした。リーダーとしてチームを引っ張ったことも企業に営業を行ったことも、そのすべてが自己成長につながりましたし、企画が実現したときは大きな達成感がありました。この感覚を忘れることなく、これからも新しいことに恐れずたくさんチャレンジしていきたいです。

Q ウィルグループを志望したきっかけを教えてください

アルバイト先が一緒だった先輩がウィルグループに就職しており、その先輩に誘われる形でウィルグループの就職セミナーに参加しました。参加したセミナーでは、社員の方々が仲良く楽しそうで生き生きしており、周りから聞いていた「社会人は楽しくない」というイメージが払しょくされました。選考が始まってからもウィルグループからは好印象ばかり感じていました。

例えば、選考が他社と比較して長かったことで、私たち学生をよく知りたいという気持ちが伝わってきましたし、リクルーターの方と友人や恋愛などの一見仕事に関係のなさそうな話をしていく中で、今まで知らなかった新しい自分に出会えました。そこで私も、相手の新しい可能性を広げる術をウィルグループの社員の方から吸収したいと考えたからこそ、入社したいと思ったのです。「他社の方が私のやりたいことができるのではないか」と入社への迷う時期もあったため、他社の選考も受けてみたのですが、最もその組織の「人」に可能性を感じ、改めて働きたいと思える会社がウィルグループであると確信し入社を決めました。

Q ウィルグループでどんな社会人を目指したいですか?

私は「自分が企画したもので世界をポジティブに変革していきたい」と考えているので、そのために「自己成長」という欲求を忘れずに、新しいことに挑戦すると同時に、社内にライバルをつくりたいと考えています。

私は双子で小さいころから親に比較されてばかりだったため、負けず嫌いな性格でライバル意識をよく持つ一面があります。ただ、敵対するわけではなく、プライベートでは仲が良く切磋琢磨し続けられるような、良きライバルをつくり、成長し続けていきたいと思います。その為にも、まずは目の前のことを一生懸命に取り組むことと、楽しむことを意識し、実行できる社会人になりたいと思っています。そして、私自身も後輩から「この人を目指したい、超えたい」と目標やライバル視されるような存在となっていきたいです。

説明会に参加する

Go to Top