健康経営宣言

健康経営宣言

当社グループは、「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」をミッション(私たちの存在意義)として経営に取り組んでいます。そのためには、社員一人ひとりの心身が健康であり、自らの能力を最大限に発揮できる職場環境が不可欠だと考えます。 社員とその家族の心と身体の健康保持・増進に向けた取り組みを推進し、すべての社員がいきいきと働くことができる環境づくりに努めることを、ここに宣言します。

株式会社ウィルグループ
代表取締役社長 兼 COO 大原 茂

健康経営推進体制

株式会社ウィルグループでは、健康経営推進を統括する機能として、健康経営推進委員会を設置しました。 委員長に代表取締役社長、推進委員に企画労務部部長・統括産業医・担当社員を選任し、各事業会社に設置した健康経営推進委員会と連携し、社員とその家族の健康保持・増進と働きやすい環境づくりのための取り組みを推進していきます。

重点取組項目

  • 健康診断受診率向上 一人ひとりの健康面の課題を把握し、改善を促すため、定期健康診断受診率100%を目指します。
  • 特定保健指導の推進 生活習慣病の予防と改善のため、特定健診後の特定保健指導の推進を積極的に行います。
  • 健康向上教育の実施 e-learningや対面研修において、健康向上教育を実施します。
  • 長時間労働の抑制 労働時間を正確に把握し、長時間労働を抑制するための対策を実施します。
  • 業務効率化の推進 ワークライフバランス確保のため、業務効率化を推進します。
  • 職場環境の整備 社員が自らの能力を最大限発揮できるよう、働きやすい職場や制度の整備に努めます
  • コミュニケーションの活性化 社員同士のコミュニケーションを活性化させるため、イベントなどを積極的に開催します。
上記を通じて、人と企業をポジティブに変革するチェンジエージェントであり続けます。

健康課題

現時点での健康課題を以下の通りとし、改善に取り組みます。
  • 生活習慣病などの疾病の健常者に対する発生予防 定期健康診断の受診率向上を目指し、全社員に向け受診勧奨を行います。
    2016年度受診率63.5%
    2018年度受診率80%以上を目標とします。
  • 労働時間の適正化、ワークライフバランスの確保 2017年度中に、労働時間を適正に管理を出来る仕組み・ツールを導入し、長時間労働を抑制する対策を実施してまいります。
  • メンタルヘルス不調等のストレス関連疾患の早期発見・対応(不調者の早期発見など) 50人未満の事業所も含め、全ての事業所でストレスチェックを実施します。