Evaluation

評価制度

 

"透明性にこだわり抜いた評価を実現"

チャレンジ&コミット(C2)制度

 

社歴や性別といったあいまいな評価要素は一切排除。透明性・公平性にこだわり、「定性」と「定量」のみを高い精度で、シッカリと評価・反映できる制度を作りました。査定は、1年に2回。年数に関係なく、先輩社員を抜くことだって可能です。

 

あなたの評価方法は、あなたが決める。

 

チャレンジ(挑戦)&コミット(誓約)で作る、2つの評価基準。

 

 

プロセス給

 

「成果を出せる人になるために何をするか」を上司に誓約し、半年間でどこまで達成できたかを評価し、決定する給与。

成果給

 

「成果を出せる人になるために何をするか」を上司に誓約し、半年間でどこまで達成できたかを評価し、決定する給与。

年数・等級に無関係に、役職者になれる

 

日々がチャンスにあふれる、役職フリー指名or公募制

 

役職に関しては年数・等級に関係なく、すべての社員に平等にチャンスが与えられています。上司から直接声がかかる、もしくは社内公募によるプレゼンコンペが開かれるかのどちらかです。また、昇進順序に関しても「マネージャ⇒事業部長」 といった飛び級昇進もあります。

 

※その他、発展途上の内もしっかり評価・しっかりもらえる「等級別評価ウェイト」や明確な基準で昇格までのプロセスが分かる「点数制昇格基準」など、独自の評価制度があります。