ニュースリリース

アクセラレータープログラム『HINODE(ヒノデ)』提供開始

  • 2015.12.07
  • お知らせ

  • ウィルグループ


当社は、事業創造支援の株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都港区、代表取締役社長 鈴木 規文)とともに、
スタートアップフェーズのベンチャー支援を目的としたアクセラレータープログラム※『HINODE(ヒノデ)』の提供を開始します。
※アクセラレータープログラムとは
ベンチャーが企業と連携し、企業のリソースを自身のビジネスモデル推進に活用しながら、事業活動の加速を目指すプログラムです。


本アクセラレータープログラムではベンチャーに対し4か月の期間で、ウィルグループのコーポレートベンチャーキャピタルである「ウィルグループインキュベートファンド」からの出資や、メンタリング、 KPI管理、オフィスの提供などを行います。
また、4か月後には投資家に対するプレゼンテーションを行う「デモデイ」を設け、モックなどを用いたデモンストレーションの場を用意します。プログラムの開始は2016年3月を予定し2016年1月より順次説明会・審査会を実施します。

【アクセラレータープログラム「HINODE」に関する詳細はこちら】