ニュースリリース

アクセラレータープログラム『HINODE(ヒノデ)』支援先が決定しました。

  • 2016.03.09
  • お知らせ

  • ウィルグループ

当社は、スタートアップフェーズのベンチャー支援を目的としたアクセラレータープログラム※『HINODE(ヒノデ)』による支援先を決定しましたので、お知らせします。

※アクセラレータープログラムとは
ベンチャーが企業と連携し、企業のリソースを自身のビジネスモデル推進に活用しながら、事業活動の加速を目指すプログラムです。


<支援先決定の背景>
 今回の支援先の決定においては、特に既存ビジネスにイノベーションを起こそうと考えられている起業家の方を支援対象として決定しました。ウィルグループのリソース、ネットワークの活用や親和性を前提とすることは必須条件とせず選考した結果で、支援先を決定しました。

 本プログラムでは4か月間で、ベンチャーに対しウィルグループのコーポレートベンチャーキャピタル(以下「CVC」)である「ウィルグループインキュベートファンド」からの出資や、メンタリング、KPI管理、オフィスの提供などを行います。4か月後には投資家へのプレゼンテーションを行う「デモデイ」を設け、モックなどを用いたデモの場を提供します。

【詳細はこちら】