ニュースリリース

ホーチミン市工業大学・ヴィン工業大学にて 協同教育プログラムを開講

  • 2018.09.28
  • ニュースリリース

  • エフエージェイ
当社子会社で、製造業に特化した人材サービスを主力とする、株式会社エフエージェイ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:土肥 貞之、以下「FAJ」)は、ベトナムで最高位の理工系大学であるホーチミン市工業大学(Industrial University of HoChiMinh City、以下「IUH」)とIUHから独立した技術系総合大学のヴィン工業大学(Industrial University of Vinh、以下「IUV」)と提携し、日本企業や現地の日系企業で就業するために必要なスキルを持ち合わせた人材育成のための、協同教育プログラムを2018年11月より開講します。

IMG_1129_original (1).JPG
2018年9月11日、ベトナムのゲアン省にあるヴィン工業大学内にて調印式
(左よりIUH校長NGUYEN THIEN TUE氏、FAJ代表 土肥、IUV会長Tran Le DUNG氏)


FAJでは、現在2,500名を超える外国人雇用者が在籍しており、全雇用者数の30%以上を占めています。また、2018年6月5日の経済財政諮問会議において、2025年までに50万人超の外国人労働者の就業を目指す、などの受け入れ拡大に向けての発表や、2040年度には生産年齢人口が18年度比で約1500万人減少する見込みとの統計予測から見ても、将来予想される日本の労働力不足解消の為に、外国人労働者の受入体制の構築が必要となります。まず皮切りとして、2018年11月にIUV、2019年4月にはIUHのそれぞれの校内に、教育センターとして駐在員事務所を出店し、日本語教育とマナー教育に関する協同教育プログラムを実施します。

同講座では、日本語やビジネスマナー教育をはじめ、日本企業・日本文化を理解するプログラムも組み込み、 グローバルな環境で活躍できる技術者を育成するほか、日本企業でのインターンシップや合同企業説明会、採用面接サポートなども取り組んでまいります。また、日本企業への就業や入国手続き、ビザ取得や住宅、携帯電話といった生活インフラに関しても一貫してサポートしてまいります。


■ホーチミン市工業大学について
ベトナム最大の経済都市であるホーチミン市中心部に位置する国立の技術系総合大学として1956年に設立。
ベトナム最高位の理工系大学として約20,000名の学生が所属しております。

■ヴィン工業大学について
ホーチミン市工業大学から独立し設立された私立の技術系総合大学。
ベトナム北中部に位置するゲアン省の省都であるヴィン市あり、約3,000名の学生が所属しています。

IMG_20180911_101555_original.jpg

【ニュースリリースはこちら】