ニュースリリース

C4、2019年10月商号変更へ ~ Chance-Making Company ~ "人に、企業に、世の中に、変革するチャンスを"

  • 2019.05.17
  • ニュースリリース

  • C4

 土木、建築施工管理技士を中心とした人材サービスを主力とするC4株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 兼 CEO 大原 茂 、以下「C4」)は、2019年10月より商号を変更することとしましたのでお知らせします。また、サービスブランドも国内グループの人材領域における『WILLOF(ウィルオブ)』に統一します。

 C4は、東日本大震災の復興支援を行う建設技術者の提供を目的に、2011年5月に東北地方で事業を開始しました。復興が続く東北地方において業容を拡大し、現在は全国6拠点で事業を展開しています。また、施工管理技士に特化した求人サイト「施工管理求人ナビ」や、建設業界従事者に情報発信を行う専門サイト「施工の神様」も運営しており、経験者を多数採用できる仕組みを構築しています。

 2018年6月にウィルグループの一員となったこともあり、国内グループの人材領域においてのサービスブランドである『WILLOF(ウィルオブ)』に統一を図ることで、認知度やサービス力をより高め、グループとのシナジーを強化し、建設業界の問題である人材不足や高齢化などの業界課題に対して、真摯に取り組んで参ります。

新商号・新ロゴマーク

C401.png

■商号変更日

2019年10月1日


■ブランドビジョン(私たちが目指す姿)


chance-making_rgb.png

 どんな時代も、ポジティブな意志の力で人は驚くほど変わります。その瞬間に何度も出会ってきた私たちは、誰よりも強く、人の可能性を信じています。だからこそ、私たちはあらゆる人に、仕事や学びの場で、遊びや暮らしの様々なシーンで変化のきっかけを与えたいと思っています。本人さえ気づいていない能力を発見し、育み、発揮できる機会をつくり続けたい。 "人に、企業に、世の中に、変革するチャンスを"という思いが込められています。

■サービスブランドシンボル(ロゴマーク)

willof.png
 WILLOFのロゴマークは、頭文字「W」から成り立っており、波のように見える形は、ポジティブな意志がたくさんの人や企業に波及し、大きなうねりとなって、社会を変革していく様子を表しています。一人一人がチャンスを手にしてエネルギッシュに躍動し、影響しあいながら繋がり広がっていってほしい、そんな願いも込められています。WILLOFのブランドカラーは、"ウィルオブグレー"です。ややブルーがかったこの色は、知性や信頼、真摯さやひたむきさを表現しています。また、どの色にも変化していける可能性(チャンス)や、主役であるスタッフ一人一人を引き立たせることを象徴した色でもあります。

■サービスブランド『WILLOF(ウィルオブ)』の由来

 『WILLOF(ウィルオブ)』は、 WILLGROUPを連想することと"意志"という意味をもつ「WILL」と、"~の"という意味をもつ「of」を組み合わせた造語です。私たちのDNAであるポジティブな意志のもと、ビジネスパーソンやシニアワーカー、主婦や外国人労働者など、たくさんのWILL(意志)を応援していきたい。グループシナジーを生かしながら、「働く」領域をはじめ、活躍の場を広げていく。そんな思いを込めています。

C4株式会社について>

社    名 :C4株式会社 ※株式会社ウィルグループ(東証一部上場)100%出資
本    社 :神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル6F
設    立 :2011年5月
代    表 :代表取締役社長 兼 CEO 大原 茂
ホームページ :https://c4inc.co.jp/
事 業 内 容 :建設系技術者の人材派遣・人材紹介事業、メディア事業


【ニュースリリースはこちら】