ニュースリリース

ウィルグループ、外国人労働者の獲得を強化 インドネシア大手の"送り出し機関"ミノリグループと業務提携 ~外国人労働者の獲得機能を強化し、人材サービスの拡充へ~

  • 2019.07.19
  • ニュースリリース

  • ウィルグループ

 人材サービス事業を主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介)は、インドネシア大手の送り出し機関※であるミノリグループ(本社:インドネシア ブカシ、代表 Agustinus Wahyu Widjaja)と、2019年7月19日に業務提携しました。
 今回の業務提携により、労働人口減少による人手不足の解消を目的に外国人労働者の獲得を強化し、人材サービスの拡充を行います。
 ※送り出し機関:日本側の受け入れ組合と契約を結び、技能実習生を日本に派遣する海外の団体や企業


minorirogo.png


 ミノリグループは、インドネシアにおいて技能実習生の送り出し機関を運営し、介護・製造・建設・農業・漁業等の幅広い分野で技能実習生の育成・送り出しを行っています。2018年には、年間800名以上の技能実習生を日本に送り出しており、インドネシアにおいてもトップクラスの規模・実績を持つ送り出し機関です。

 ウィルグループは、国内外で人材派遣・業務請負・人材紹介等の人材サービス事業を展開しており、製造分野を中心に年間約4,000名の外国人労働者をスタッフとして採用しています。また、ベトナムの大学と提携し、日本語教育や日本企業への就職サポートなども取り組んでいます。近年の日本の社会的課題ともいえる労働人口不足を受けて、優秀な外国人労働力の獲得強化を重点戦略目標の1つに掲げております。

 本提携により、ウィルグループの経営幹部が非常勤役員に就任すると共に、複数名の社員を出向させることで人的資源の面でミノリグループをサポートします。そして、ウィルグループの顧客ネットワークやマーケティングのノウハウとミノリグループの幅広く様々な分野に技能実習生を送り出しているノウハウを融合し、両社の強みを活かすことで人材サービスの拡充と更なる事業規模の拡大・企業価値の向上を目指してまいります。


【ミノリグループについて】
所在地 : インドネシア ブカシ
代表者 : Agustinus Wahyu Widjaja(アグスティヌス・ワヒュー・ウィジャヤ)
設立日 : 2008年11月11日
事業内容: 日本への人材送り出し事業及び職業訓練等
URL :http://www.minori.co.id/index.php

【株式会社ウィルグループについて】
所在地 :東京都中野区本町一丁目32番2号 ハーモニータワー27階
代表者 :代表取締役 兼 CEO 池田 良介
設立日 :2006年6月
事業内容:人材派遣、業務請負、人材紹介を主とする人材サービス事業
URL :https://willgroup.co.jp/


image.jpg 左:ミノリグループ代表のワヒュー氏
中央:ウィルグループ 海外戦略部 部長 北川聡
右:ナゴミ(ミノリグループ)代表のエリック氏

obi.png

株式会社ウィルグループ

●外国人アルバイト求人メディア「Joboty」
logo_joboty_red.png
JobotyURL:https://about.joboty.jp/

gamen.png

●外国人雇用に特化した在留管理システム「ビザマネ」
visamane.png
ビザマネURL:https://visamane.jp/ ビザマネ0718.png

当社連結子会社:株式会社セントメディア

<介護領域>
●技能実習生の採用後の入国後管理サポート業務
●留学生をスタッフとして積極採用


当社連結子会社:株式会社エフエージェイ

<製造領域>
●ベトナムで最高位の理工系大学であるホーチミン市工業大学や技術系総合大学のヴィン工業大学と
 日本語教育などの協同教育プログラムを開講
●年間約4,000名の外国人労働者をスタッフとして採用


当社連結子会社:GJC Myanmar .Ltd

<教育領域>
●ミャンマーで語学学校を運営し、技能実習生を目指す約100名の生徒達に日本語や日本文化の
 教育プログラムを提供


【ニュースリリースはこちら】