ニュースリリース

非常事態でもお客様の仕事を止めない!完全"在宅型"のコンタクトセンターサービス『ZaITact(ザイタクト)』 6月15日(月)サービス提供開始 ~お客様の業務を止めないために、全国で在宅勤務者が対応~

  • 2020.06.15
  • ニュースリリース

  • ウィルオブ・ワーク

 人材サービスを主力とする株式会社ウィルオブ・ワーク(本:東京都新宿区、代表取締役社長 告野 崇)は、完全在宅型のコンタクトセンターサービス『 ZaITact(ザイタクト)』(https://willof.jp/lp/zaitact/) を2020年6月15日(月)より提供開始します。


zaitact.png

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため、窓口対応など対面業務自粛により、コールセンターへの切替対応が余儀なくされました。その結果、「3密」を回避しつつ、急激に増加した問合せへの対応にセンター運営は行き詰まり、顧客離れ、顧客への不信感を引き起こすこととなってしまいました。事業継続の観点、いわゆるBCP対策※からも、受け手であるコールセンター業界さることながら、発注者である企業にも、顧客対応のリスク分散への関心が高まっています。

 『ZaITact(ザイタクト)』は、スタッフ全員が在宅勤務でかつ特定エリアではなく全国で採用し運営するため、非常事態が起きた場合でも、社会のインフラであるコールセンター業務を止めることなくリスクを最小限にすることが可能です。また、急な欠勤やトラブルなどが起きた際でも、自社運営のコールセンターで対応することもでき、在宅型と集合型のハイブリッドでリスクを軽減できる体制があります。

※BCP対策とは
BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)の頭文字を取った言葉で、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの予測不可能な緊急事態に見舞われた際に、事業資産への被害を最小限に食い止め、中核事業を継続あるいは早期復旧を可能とするために平常時や緊急時に事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。


『ZaITact(ザイタクト)』特徴

①全国で在宅勤務者が対応

在宅勤務者を全国で採用し拠点を分散することで、災害や感染症流行などの非常事態発生時にも止まらない業務運営を実現します。業務に必要なパソコンやヘッドセットをも用意しています。

②最短2週間で運用開始

システムはクラウド基盤ですべて完結できインフラ構築が不要のため、素早くセンターの立ち上げが可能です。研修もすべてオンラインで実施します。

③強固なセキュリティ対策で安心

当社は個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者としてプライバシーマークの認定を受けております。また、多くの国の政府機関や銀行など金融企業などで使われている、セキュアなデータセンターサービスであるシンクライアント(仮想デスクトップ)環境下で行うため、セキュリティ面も安心です。

④徹底したスタッフ管理やバックアップ体制

ファシリティ基準による自宅の就業環境の確認や、自社コールセンター運営で培った経験と知見を活かした採用や教育を実施。また就業中は在宅運営管理ツールで管理体制も整えています。急な欠勤やトラブル等の発生時でも、自社コールセンターで対応でき在宅と集合型のハイブリッドでリスクを軽減できる体制があります。


■料金プラン
初期費用:0円
月額費用:450,000円~ ※お客様の状況に合わせて最適なフローを構築し、価格をお見積りいたします。


【導入検討企業様または本件に関するお問合せ先】
株式会社ウィルオブ・ワーク
コールアンドオフィスデザイン事業部 担当:田村(たむら)
MAIL:cco@willof.co.jp


【ニュースリリースはこちら】