ニュースリリース

海外グループ会社の日本語学校で学んだ介護技能実習生6名がミャンマーから来日 ー実習生の教育から受け入れ施設の仕組み作りまで一貫してサポートー

  • 2020.10.26
  • ニュースリリース

  • ウィルオブ・ワーク

 当社グループ会社の人材サービスを主力とする株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 告野 崇)は、10月24日(土)にミャンマーから入国した技能実習生の来日後の日本語教育や生活面サポート、また介護施設職員への共働指導サポートを行います。

 来日した実習生は、母国ミャンマーにある当社の海外グループ会社の「Dream Job Myanmar Ltd.(ドリームジョブミャンマー)」が運営する日本語学校『DreamJobAcademy(ドリームジョブアカデミー)』で、約1年間の日本語教育と1か月半ミャンマーの介護施設で実地研修を修了し、技能実習生制度(※1)が定める"日本語能力"や"業務従事経験"などの要件を満たして日本に来日しました。
 本来であれば3月に入国予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により入国が遅れ、この度無事入国しました。これから約1か月、日本語教育や生活・専門知識などの研修を経て、雇用先である介護施設に配属されます。

 ミャンマーにおける介護の発展に少しでも貢献できるよう、実習生が安心して学べる環境づくりや、受入先の介護施設側が抱える不安解決など、教育から配属後まで当社グループ内で全面的にサポート(※2)してまいります。


TOP2.png


※1
我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としている。平成28年11月28日に公布、平成29年11月1日に施行。(厚生労働省HPより)

※2
当社が提供する介護専門の外国人雇用トータルサポートサービス『Kind(カインド)』(https://willof.jp/lp/kind/)は、技能実習生受け入れ企業・法人向けのトータルサポートサービスです。


外国人雇用トータルサポートサービス『Kind(カインド)』

 Kind(カインド)は、現地での外国人技能実習生の候補生募集から入国手続き、入国後の日本語教育や生活サポートなど介護領域に特化した外国人雇用トータルサポートサービスです。
サービスサイトURL:https://willof.jp/lp/kind/

001.png

002.png



【ニュースリリースはこちら】