ニュースリリース

在留カード偽造チェックアプリがバージョンアップしてiOS版に登場!クラウド労務管理システム「ビザマネ」と連携可能に ~2021年1月13日(水)よりApp Storeにてダウンロード開始~

  • 2021.01.13
  • ニュースリリース

  • ウィルグループ
 人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長 大原 茂)は、『在留カード偽造チェックアプリ』において、2021年1月13日(水)より新たにiOS版での提供を開始し、外国人雇用企業向けのクラウド労務管理システム「ビザマネ」と連携ができるようになりました。


20210113visamane.png

 『在留カード偽造チェックアプリ』のiOS版アプリでは、在留カードの偽造チェックだけでなく、アプリで読み取った在留カードのICチップ情報を、クラウド労務管理システム「ビザマネ」と連携し登録することができます。
 これにより、今まで偽造チェックのみで、在留カードの情報は写真データを元にテキスト化していたものが、ICチップ情報を元にテキスト化できるようになり、より正確に在留カードの情報を管理することができるようになります。また、労務管理システムと連携することで、より利便性が上がり、企業の採用担当者の手間・工数を削減することができます。(※在留カード情報のデータ化やCSV出力は、データ管理プラン以上に加入の場合となります。)


在留カード偽造チェックアプリの機能

20210113visamane1.png


「ビザマネ」サービス概要

 ビザマネは、外国人雇用企業向けの労務管理クラウドサービスです。偽造チェックから在留カードのデータ/期限管理を一気通貫で行えるサービスで、外国人雇用の入社から退職までの労務管理サポートすることができます。
 外国人を採用する際には、在留カードに記載されている在留資格や在留期間等の管理が必須となります。ビザマネを使用することで、不法就労リスクを軽減し、労働者の不正による不法就労助長罪から雇用主を守るために生まれたシステムで、外国人雇用を『より安全に、より簡単に』行って頂けるサービスです。

ビザマネサイト:https://visamane.jp/

20210113visamane2.png


①ICチップ情報はシステム上でいつでも確認可能

在留カードの情報を自動でテキスト化し、資格や期限の管理ができCSVで出力も可能です。

②在留カード有効期限の自動アラートメール送信

在留カードの有効期限が近づいた従業員がいた場合、システムより従業員と事業所、本社へ自動でアラートメールが送信されます。


20210113visamane3.png


ビザマネ料金プラン

・無料版       0円
・アプリプラン    10,000円~
・データ管理プラン  20,000円~
・労務管理プラン   25,000円~
※プランによって利用できる機能が異なります。


申し込み受付中!

iOS版アプリのダウンロード・お申込みを受付中です。AppStoreよりダウンロード可能。

20210113visamane4.png
20210113visamane5.png


ご利用にはアカウント発行が必要となります。
ビザマネiOS版アプリについて詳しくはこちらから:https://visamane.jp/checker/



【ニュースリリースはこちら】