ニュースリリース

不法就労防止件数80件以上!外国人労務管理クラウド『ビザマネ』で発見した偽造在留カードの最新情報 ~外国人HR Lab.にて紹介~

  • 2021.01.26
  • ニュースリリース

  • ウィルグループ
人材サービスを主力とする株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長 大原 茂、以下当社)は、当社が展開をする外国人雇用企業向けの労務管理クラウドサービス『ビザマネ』において発見された、偽造在留カードの最新情報を、WEBサイト「外国人HR Lab. 」にて紹介いたしましたのでお知らせいたします。

※外国人HR Lab.
当社が運営するWEBメディア。外国人雇用に関する情報や法律上の問題点、在留資格の種類や解説等を紹介。


000.png


┃偽造在留カード所持等の検挙数が増加

002.png
近年、巧妙な作りで本物と見分けるのが難しくなってきている偽造在留カードが横行しており、2020年4月に警視庁が発表した「令和元年における組織犯罪の情勢」によると、2019年の偽造在留カードの所持等の検挙件数は748件と5年間で2倍の数値となっており、年々増加傾向にあります。
そこで、当社が運営するWEBサイト「外国人HR Lab.」にて、外国人雇用企業向けの労務管理クラウドサービスビザマネによって発見した、偽造在留カードの最新情報や、外国人雇用を行う企業のリスク管理などについてまとめました。


外国人HR Lab.:https://gaikokujinhr.jp/2388





┃ビザマネで発見した偽造在留カード(外国人HR Lab.より一部抜粋)


●在留期間・有効期限の数字が半角

004.png


画像は、左側が偽造在留カード、右側が本物の在留カードで、左側の偽装在留カードは2020年6月に実際に使用されていたものです。こちらの偽造在留カードは、在留期間や有効期限がすべて半角で書かれています。在留期間や左下の在留カード有効期限の数字が半角になっている、もしくは半角と全角が両方使われている場合は、偽造在留カードの可能性があります。本物は全て「全角」で記載されています。

その他詳細についてはこちらをご覧ください。
外国人HR Lab.:https://gaikokujinhr.jp/2388

┃不法就労を防げる「ビザマネ」サービス概要

ビザマネは、外国人雇用企業向けの労務管理クラウドサービスです。偽造チェックから在留カードのデータ/期限管理を一気通貫で行えるサービスで、外国人雇用の入社から退職までの労務管理サポートすることができます。
外国人を採用する際には、在留カードに記載されている在留資格や在留期間等の管理が必須となります。ビザマネを使用することで、不法就労リスクを軽減し、労働者の不正による不法就労助長罪から雇用主を守るために生まれたシステムで、外国人雇用を『より安全に、より簡単に』行って頂けるサービスです。

ビザマネサイト:https://visamane.jp/

006.png

005.png

<ビザマネ特徴>

①ICチップ情報はシステム上でいつでも確認可能

在留カードの情報を自動でテキスト化し、資格や期限の管理ができCSVで出力も可能です。

②在留カード有効期限の自動アラートメール送信

在留カードの有効期限が近づいた従業員がいた場合、システムより従業員と事業所、本社へ自動でアラートメールが送信されます。

③在留カード偽造チェックアプリで偽造在留カードを判別

在留カード内に埋め込まれているICチップ情報をアプリで読み取ることで、今まで判別が難しく高度な技術で作られた偽造在留カードも簡単に判別可能。また、在留資格の種別・有効期限などの情報もとに、応募者が就労可能かどうかをアプリ上で判別し表示※することができます。(※こちらの機能は2021年2月提供開始)

ニュースリリースはこちらをご覧ください。
在留カード偽造チェックアプリ「就労可否判断機能」 

┃ビザマネ料金プラン

・無料プラン     0円
・アプリプラン    10,000円~
・データ管理プラン  20,000円~
・労務管理プラン   25,000円~
※プランによって利用できる機能が異なります。

\\在留カード偽造チェックアプリ申し込み受付中!//
iOS版アプリのダウンロード・お申込みを受付中です。AppStoreよりダウンロード可能。

20210113visamane4.png
20210113visamane5.png

ご利用にはアカウント発行が必要となります。
ビザマネiOS版アプリについて詳しくはこちらから:https://visamane.jp/checker/

┃株式会社ウィルグループ『ビザマネ』プロダクトマネージャー 壇正美

006.jpg 2020年は、コロナ禍で職を失う在留外国人が増えており、それに伴い偽造在留カードも増加傾向にあります。外国人を雇用する企業は、偽造チェックの実施が法的に義務付けられておりますが、誤って偽造在留カード保有者を雇用してしまった場合、不法就労助長罪に問われてしまうリスクがあります。
当社へのお問い合わせ数も、直近半年で倍ほど増えており、企業の関心の高さが伺えます。

現在外国人を雇用しているまたは今後雇用する予定の企業は、当社が展開する「在留カード偽造チェックアプリ」を活用していただき、偽造在留カードへの注意を強化することで、より安心して外国人雇用を行っていただきたいと思っております。

『ビザマネ』は、「外国人雇用企業の外国人労務管理をより簡単に、より安心に行うことにより、外国人労働者の雇用機会を守り、作る」を目標に、事業展開を行っております。もしも、外国人雇用に関してのご不明点やご相談があれば、ぜひお問い合わせいただけたらと思います。

株式会社ウィルグループ『ビザマネ』プロダクトマネージャー 壇正美 略歴

2013年にエフエージェイ(現ウィルオブ・ファクトリー)に新卒入社。製造業派遣の新規営業、支店長、営業マネージャー、人材紹介事業の立ち上げを経て、営業戦略推進部にて営業管理・教育を担当。2019年4月にウィルグループへ異動。外国人労務管理クラウド『ビザマネ』や外国人の週28時間勤務管理『アワマネ』のプロダクトマネージャーとして事業を牽引している。


【ニュースリリースはこちら】