マテリアリティ

ウィルグループのマテリアリティ

変化のきっかけと成長できる機会を。

あらゆる人に変化のきっかけを与え、
本人さえ気づいていない能力を発見し成長できる機会を提供していきます。

私たちは、当社グループで働くあらゆる人が価値創造の源泉であると捉えており、一人ひとりの成長が当社グループの成長につながると考えています。
そのため個人の能力や役割に合わせた教育機会を豊富に提供しています。これらの教育機会を通じ、スキルや自己変 革力が高まり、新たなステージで活躍するきっかけと、さらに成長できる機会を提供していきます。

主な取り組み事例

介護資格スクール「WILLOFケアアカデミー」の講習風景

  • 介護職の資格取得を支援する介護資格スクールの運営
  • 証券外務員資格の無料オンライン講座の実施
  • 外国人就労者への日本語教育の実施
  • 全社員向けwell-beingワークショップの実施
  • マネジメント層向けコーチング研修の実施
  • チームビルディングワークショップの実施
ジェンダーに捉われない平等な世の中に。

性別に関係なく、
すべての人が活躍できる社会の実現を目指します。

私たちが持続的な成長を遂げていくためには、画一的な視点に捉われず、多様な人材の活躍が必要不可欠であると考 えています。
女性社員比率や女性管理職比率などを重要な指標とするほか、LGBTフレンドリーな環境・制度の整備を推進し、性別に関係なく活躍できる機会が与えられる社会を実現していきます。また、意思決定機関に多様な視点を取り入れ、多様な個性を持ったすべての人が活躍できるフィールドを広げ、新たなサービスを創出していきます。

主な取り組み事例
  • 性別に捉われない就業機会の提供
  • 女性活躍推進プロジェクトの発足
  • 性差に関する講演会の実施
働き方の変革を。働きがいの創出を。

すべての人の可能性を信じ、
あらゆる人の働く機会や多様な働き方を増やし働きがいを創出します。

私たちは、働く時間や場所などに制約のあった人たちの「働きたい」を実現するために多様な働き方を選択できる世の中に変革していきます。
働き方の多様化により就業機会を創出するだけではなく、ライフスタイルやライフステージに合わせた働き方が選択できるようになることで働きがいも創出していきます。

主な取り組み事例

ブランドビジョンへの想いを語る株式会社ウィルオブ・ワーク代表取締役社長 告野 崇と取締役 松山 健二

  • ブランドビジョン「Chance-Making Company」の新設
  • コールセンターの在宅支援サービス「ZaITact(ザイタクト)」の提供
  • 短日・短時間勤務制度、在宅勤務制度、副業解禁など多様な働き方の促進
  • 年4回のwell-beingサーベイの実施
  • Chance-Making Companyの実現と社会貢献を目的とした一般財団法人WILLOF財団の設立
できることではなくやりたいことを選べる明日へ。

年齢・国籍・障がいなどに捉われず、
誰もが平等に活躍できるための支援や活躍できるチャンスの提供をしていきます。

私たちは、現状の事業領域に捉われず新たな事業機会を創出していくためには、多様な視点や価値観を受容することが大切であると考えています。
そのため年齢、国籍、障がいなどに捉われず活躍できるよう支援し不平等がなくなることで、あらゆる人の成長を実現します。

主な取り組み事例
  • 障がい者雇用を促進するため株式会社ウィルオブ・チャレンジの設立
  • 外国人向け住居紹介などの生活支援サービス「ENPORT(エンポート)」の提供
  • 技能実習生や特定技能制度による外国人就業支援
  • 幅広い年齢層への就業機会の提供
パートナーとともに世の中をポジティブに。

あらゆるパートナーと協力し、
世の中にポジティブな変化を生み出します。

すべてのゴールにおいて我々だけでの実現は難しくパートナーの協力は必要不可欠です。当社のマテリアリティのみならず、あらゆる社会課題の解決を探索すべくパートナーと協力し世の中にポジティブな変化を生み出します。

主な取り組み事例

ミャンマーから来日した外国人技能実習生

  • 海外送り出し機関との協業による外国人の就業や生活支援
  • 社員の有志団体「WILLハート会」による子どもたちのキャリア、居場所などの支援
  • 地域経済活性化を目的としたコールセンター設立・運営による雇用の創出
  • コーポレートベンチャーキャピタルによるスタートアップ企業への投資
  • IT人材を活用した北九州市内中小企業等へのDX支援

マテリアリティ特定フロー

GRI、国連グローバル・コンパクトおよび持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が開発したSDG Compassを参考に、当社グループのマテリアリティ(重点課題)を特定いたしました。

  • STEP1

    SDGsと事業のマトリクス整理

    当社グループの事業活動を棚卸し、約500のSDGsに関連する取り組みを特定。これらの取り組みとSDGsの17のゴールおよび169のターゲットとの関連性を整理。

  • STEP2

    バリューチェーンマッピング

    様々なガイドラインを参考に、当社グループの事業活動のバリューチェーンにおけるリスクと機会を抽出し、「発生可能性×深刻度」と「社会的便益×経済的便益」の指標でマッピングし、当社グループが取り組むべき優先課題を特定。

  • STEP3

    ステークホルダーへのヒアリング

    STEP2のバリューチェーンマッピングで特定した優先課題に対し、社員・派遣スタッフ・クライアント・株主などのステークホルダーへアンケート調査を通じたヒアリングを実施。

  • STEP4

    社会的価値の特定

    当社グループのMISSION・VISION・VALUEやSTEP3のステークホルダーへのヒアリング結果を参考に、ステークホルダーへの提供価値を整理し、当社グループの社会的価値を特定。

  • STEP5

    マテリアリティの特定

    STEP1〜4を踏まえ、当社グループのマテリアリティをSDGsの17のゴールの中から特定。また、特定したマテリアリティを当社グループのMISSION・VISION・VALUEおよび社会的価値と関連した、各ゴールの実現したい世界観を表現。