CEOメッセージ

個と組織をポジティブに変革する
チェンジエージェント・グループ

代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介の写真

ウィルグループの原点は、現在、当社グループの中核会社として人材ビジネスを手掛けるセントメディアの創業期にあります。

1997年、たった3人で、本当に小さな事務所でした。お客様の工場のライン請負業務をスタートしたとき、私たちには潤沢な資金も、十分な設備も、誇れる実績も、なにもありませんでした。しかし、ひとつだけ、他社に負けないものがありました。
それは、何もない私たちを信じて仕事を任せてくださるお客様に対して、「絶対役に立とう!この期待に応えよう!」という熱い思いと強い意志を抱き、それを共有する仲間が揃っていたことです。

その後、私たちの思いに共感してくれる仲間が増え、一つの柱が固まっていき、また、新しい柱が生まれていき、気がつけば人材ビジネス領域が大きく拡大してまいりました。今では海外にも事業を展開し、連結で30社を超える企業グループに成長しました。

創業当時、周囲の皆様には想像もできなかった状況かもしれませんが、私たちにとっては未だ通過点でしかありません。

ウィルグループが掲げるビジョンは、
“「働く」「遊ぶ」「学ぶ」「暮らす」の事業領域において、期待価値の高いブランディングカンパニーを創出し、各領域においてNo.1の存在になる”、ということです。

私たちが創業して以来、マーケットやテクノロジーは大きく変化し続けてきました。もちろん、これからも変化は起こり、今は存在しないニーズやサービスが5年後、10年後にはごく当たり前に存在しているでしょう。そうした新しい可能性を、私たち自身が作り続けていくこと。さらに、ひとりでも多くの人を、ひとつでも多くの組織をポジティブに変革していくこと。これらを実現するために、私たちは、状況の変化を的確に捉え、挑戦し、絶え間ない進化を遂げてまいります。

人材を力に進化し続ける「チェンジエージェント・グループ」。
ポジティブな変化を生み出すことこそ、私たちの究極の存在価値である。

これがウィルグループです。

代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介の写真株式会社ウィルグループ
代表取締役会長 兼 CEO
池田 良介

株式会社ウィルグループ
代表取締役会長 兼 CEO
池田 良介