環境への取り組み

環境方針

当社グループは、地球環境を持続的かつ安全に守っていくために、エネルギー使用量の削減等による気候変動問題、資源の再利用、生物多様性保存に積極的に取り組んでいきます。

気候変動への取り組み

目標

当社グループは、「2031年3月期までに2020年3月期比でCO2の排出量を総量20%削減」する目標を定めました。

CO2算定の対象領域として、オフィスからのCO2排出だけでなく、従業員の事業活動や、サービスのライフサイクル全体もCO2算定の対象範囲としています。クライアント、お取引先、従業員と協働しながら、広範囲での地球温暖化防止活動に取り組んでいきます。

CO2排出量の削減に向けた取り組み

CO2排出量の削減に向けた取り組み

CO2排出量の推移について

(株)ウィルグループ、(株)ウィルオブ・ワーク本社及び主要拠点のCO2排出量を2021年3月期から収集します。2022年3月期より海外の拠点を含む全拠点で収集できるよう整備していきます。

※環境省・経産省『グリーンバリューチェーンプラットフォーム』を基にスコープ1,2,3の排出量を算出します。 各スコープで算出対象に含む項目は以下の通りです。

  • スコープ1:オフィスにおけるガスの直接使用にかかるCO2排出量
  • スコープ2:オフィスにおける電力使用にかかるCO2排出量
  • スコープ3:上記除く主な間接排出量(業務移動や社有車によるCO2排出量など)

資源の再利用に向けた取り組み

調達資材をグリーン購⼊、印刷物の再⽣紙、エコインク使⽤などに順次切り替えます。

生物多様性保存に向けた取り組み

環境保護団体への支援等を検討します。

従業員への積極的な環境意識醸成・行動支援

  • オフィス内の省エネ・省資源のPR活動(COOLBIZ、WORMBIZ他)を進めます。
  • e-ラーニングによる教育活動を進め、コンプライアンステストの中に環境に関する項目を設けて、一人ひとりの知識と認識を確認します。

気候関連問題のリスクと機会

当社グループにおける気候関連問題のリスクと機会を特定しました。

気候関連問題のリスクと機会