人材への取り組み

労働環境

労働環境に関する方針

当社グループは、「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」をミッション(私たちの存在意義)として経営に取り組んでいます。
ポジティブな変化を生み出すことこそ、私たちの究極の存在価値であるという考え方の基、健康経営の実践、人材開発、働き方改革、女性の活躍推進などに取り組み、多様な個性や働き方を認め合い、社員一人ひとりが生き生きと働くことができる環境づくりを目指しています。

推進体制

当社グループでは、社員の労働環境改善についての推進機能として、Human Resorse Activation会(HRA会)を設置しています。議長を人事本部執行役員とし、主要事業の責任者および人事本部各部長により、労働環境や人材育成等に関する課題への対応および方針決定を行い、グループ各社の関係部署と連携して労働環境の改善に取組んでいます。

健康経営

当社グループは、社員⼀⼈ひとりの⼼⾝が健康であってこそ、自らの能⼒を最⼤限に発揮できると考えています。そのため、労働時間の適正化や業務効率化の推進など、社員とその家族の心と身体の健康保持・増進に向けた取り組みを推進し、すべての社員が生き生きと働くことのできる職場環境づくりに努める健康経営を⾏っています。推進にあたっては、代表取締役社⻑を委員⻑とする健康経営推進委員会を設置し、取り組みを推進しています。

詳しくは、健康経営ページをご覧ください

人材開発

人材開発方針

当社グループは、「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」をミッションとして掲げています。そして、その実現を担う社員一人ひとりをチェンジエージェントと呼び、必要な資質を定義しています。
各種研修は、チェンジエージェントを効果的に育成することを目的として設立した「WILL University(社内大学)」のプログラムとして、「全社員必修研修」、「階層別必修研修」、「特定チーム対象の研修」として年間を通じて繰り返し提供しています。
これらは主流である集合研修での実施に加え、遠隔地の社員もフレキシブルに参加できるようにオンラインでも実施しています。またどちらの場合においても、学習補助機能として早くに自社開発したe-ラーニングサイト「Learner」の活用により、重層的で効果的な学習体系を構築しています。

教育体系

教育体系

全社の教育体系は、「全社員必修研修」、「階層別必修研修」、「特定チーム対象の研修」で構成しています。

【全社員必修研修】

全社員必修研修の中核的存在は「well-beingワークショップ」です。当社グループのミッション誕生に大きな影響を与えたポジティブ心理学の学術的成果をベースにし、国内外の研究者とのコラボレーションによりプログラム化しました。当社グループ社員にとって重要な研修だからこそ、大都市一極集中となりがちな集合研修という学習の在り方を見直し、オンラインでの提供も開始し、遠隔地の社員もフレキシブルに参加できる学習機会を創出し、学習において「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを目指しています。

【階層別必修研修】

階層別研修は次のように階層ごとの役割を定義し、その役割に必要な資質の開発、知識やスキルの獲得を⽬的に⾏っています。

部⻑
「マーケットメーカー」として、中期レベルの部⾨経営に対し責任が果たせる。
マネージャー
「カンパニーメーカー」として、年度レベルの部⾨経営に対して責任が果たせる。
リーダー
「チームメーカー」として、⽀店、チームレベルの業績に対して責任が果たせる。
⼀般
「サンクスメーカー」として、全社の理念、グループ⽅針、配属部⾨のビジョンを正しく理解し⾏動をする。

当社グループの階層別研修は「グループ本部の担当による教育」と「事業会社の担当による教育」と重層的に行われていることが特徴です。前者は主にその階層に必要なグループ共通の能力の開発を、後者は事業運営に必要な専門的な能力の開発を目的としています。

階層別研修の中核的存在は「コーチング研修」です。
グループ本部に在籍するプロフェッショナルコーチとしてのライセンスを持つ人材開発部メンバーによって実施されます。部下を持つ役職者(リーダー以上)を対象に、マネージャー以上のプログラムとリーダー向けのプログラムに分け、学習後の継続実践のフォローアップまで徹底的に行っています。

また、新入社員向けには入社時の集合研修のみならず、年間を通じて複数回にわたる定期的な集合研修に加えて、新入社員一人ひとりに対して年間を通じての成長プランを描いた「活躍マップ」を作成し個別のフォローを行っています。

マネージャー以上の幹部向けには(株)グロービスのプログラムの受講や、年に1度の宿泊型勉強会「WILLサミット」に招集し、識者からのインプットと自己成長のためのプランニング、事業成長を目的にしたグループ対話を徹底して行っています。また、次期経営層を育成するサクセッションプランも積極的に行っています。

【特定チーム対象の研修】

特定チームへの研修の中核的存在は、「チームビルディングワークショップ」です。業績成長をあと押しするためにチームメンバーの関係性を最適化することを目的としたプログラムです。チームビルディング・組織開発のプロフェッショナルである人材開発部メンバーによって、全国の拠点で実施しています。マネジメントする側・される側と分断されがちなチームメンバーが互いの違いを違いのままにせず、統合して前向きな⼒に変えていく知恵やスキルを持つことにより、業績成長も実現しています。

多様な働き方の促進

ウィルグループでは、社員一人ひとりの能力を最大限発揮するために、柔軟な働き方を促す取り組みを実施しています。
フレックスタイム制度や短日・短時間勤務制度、在宅勤務制度、副業の容認等、社員自身の「働く」「遊ぶ」「学ぶ」「暮らす」を充実し、社員一人ひとりの「well-being」向上を目指しています。

取り組み例

  • フレックスタイム制の導入
  • 短日・短時間勤務制度の導入
  • 在宅勤務制度の導入
  • 育児休業、介護休業制度の充実
  • 副業の容認