トップメッセージ

中期経営計画「Will Vision 2020」の
達成に向けて、
たゆまぬ進化を続けてまいります。

中期経営計画「Will Vision 2020」の達成に向けて、
たゆまぬ進化を続けてまいります。

代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介と、代表取締役社長 兼 COO 大原 茂の写真

  • 代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介
  • 代表取締役社長 兼 COO 大原 茂

当社グループのありたい姿
ポジティブな選択肢を増やす

1997年に創業した当社グループは「セールスアウトソーシング」「コールセンターアウトソーシング」「ファクトリーアウトソーシング」の3つのアウトソーシングサービスを事業の柱として成長してまいりました。2006年に持株会社体制へ移行し、その後も事業を拡大しながら、2013年に東証二部へ新規上場、2014年には東証一部指定となりました。

こうした中、当社グループは2003年に経営理念を定め、「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」をミッションとして掲げました。このミッションには、私たち自身が成長し続け、スタッフやお取引先企業様のワークスタイル、ライフスタイルの変革につながる“ポジティブな選択肢”を増やしていきたいという思いが込められています。当社グループは、ミッションをグループ全社で共有し、「WILL」―Working(働く)、Interesting(遊ぶ)、Learnning(学ぶ)、Life(暮らす)の事業領域で多様なサービスを展開しています。

当社グループの取り組みは、着実に成果を上げており、創業から20年たった今でも高い成長を続けています。そして、この成長軌道をより確かなものにすべく、2017年3月期から中期経営計画「Will Vision 2020」をスタートしました。

2018年3月期の概況
8期連続の増収・増益を達成

中期経営計画の2年目にあたる2018年3月期は、国内、海外とも堅調に推移し、売上高につきましては、8期連続の2桁成長となりました。

国内の市場環境は、人手不足が常態化しつつあり、政府が主導する「働き方改革」の推進の追い風もあって、有効求人倍率は高水準で推移しています。また、人手不足や生活スタイルの変化等を背景に、顧客企業、求職者のニーズはそれぞれ多様化・高度化しており、単なる顧客への人材供給、求職者への仕事紹介にとどまらず、付加価値を生み出すサービスの提供が求められています。

このような環境の中、セールスアウトソーシング事業、コールセンターアウトソーシング事業、ファクトリーアウトソーシグ事業の主要3事業においては、新規案件の開拓、競争力の源泉である「ハイブリッド派遣」で現場マネジメント力を強化したことで、インストアシェア※の拡大、業務請負案件の受注が拡大したほか、既存顧客との取引条件の見直しを行い、収益性の改善に取り組みました。

今後の取り組み
「Will Vision 2020」達成に向けて

2020年3月期を最終年度とした中期経営計画「Will Vision 2020」は、2020年3月期の売上高1,000億円、営業利益40億円を経営目標としています。

今期(2019年3月期)はその3年目にあたりますが、売上高は、海外を中心としたM&Aの業績寄与により1年前倒しで1,000億円を見込んでいます。また、営業利益は、2020年3月期とさらにその先を見据えた費用を織り込んだ上で、26億円を見込んでいます。

2020年の最終年度に向けて売上高目標の1,000億円プラスアルファは当然と捉え、営業利益目標の40億円を達成するために全力を尽くしてまいります。今期予想営業利益26億円に対し、2020年3月期の目標営業利益は40億円で14億円のギャップがあります。これを主要3事業(+8.9億円)、注力3事業(+6.7億円)で積み上げることをメインシナリオとしています。

主要3事業については、それぞれカテゴリーNo.1を目指して引き続き取引の拡大、新たな分野の拡大に取り組んでまいります。新たな分野としては、セールスアウトソーシング事業では、アパレル等通信以外の分野を、コールセンターアウトソーシング事業では、金融業界への深耕や、オフィス等への派遣の全国展開、ファクトリーアウトソーシング事業では、食品業界以外の領域拡大に取り組みます。また、それぞれ事業規模の拡大と合わせ、粗利益率の改善、営業生産性の向上による利益率の改善に取り組みます。

事業拡大のカギとなるスタッフ採用については、現場勤務の正社員採用、シニア層、外国籍のスタッフ採用を拡大することにより母集団の裾野を広げるとともに、当社グループのブランド力向上に向けた取り組みを行い、採用力を強化します。

注力3事業は「介護」、「海外」、「インターネット・IoT」の各分野ですが、中でも介護ビジネス支援事業の収益化を想定しています。これまでの先行投資期から、いよいよ今期より黒字転換を迎える見込みです。海外HR事業については、引き続きM&Aを積極的に取り組んでまいります。インターネット・IoT分野に特化した人材紹介は、上場を目指すベンチャー企業の幹部人材需要が活況であり、引き続き拡大してまいります。

株主の皆様へ
中長期視点に立った経営を継続

これからの成長をより確かなものにするために、2020年までの2カ年では、既存事業のさらなる成長と、新規事業の創出・収益化、新たなM&Aに取り組み、役員・社員一丸となって中期経営計画を達成すべく邁進いたします。

これからも持続的な成長により、企業価値を向上させ株主の皆様のご期待にそえるよう鋭意努力いたします。 引き続きご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。