トップメッセージ

中期経営計画「Will Vision 2020」の
達成に向けて、
たゆまぬ進化を続けてまいります。

中期経営計画「Will Vision 2020」の達成に向けて、
たゆまぬ進化を続けてまいります。

代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介と、代表取締役社長 兼 COO 大原 茂の写真

  • 代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介
  • 代表取締役社長 兼 COO 大原 茂

当社グループのありたい姿
ポジティブな選択肢を増やす

1997年に創業した当社グループは「セールスアウトソーシング」「コールセンターアウトソーシング」「ファクトリーアウトソーシング」の3つのアウトソーシングサービスを事業の柱として成長してまいりました。2006年に持株会社体制へ移行し、その後も事業を拡大しながら、2013年に東証二部へ新規上場、2014年には東証一部指定となりました。

こうした中、当社グループは2003年に経営理念を定め、「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」をミッションとして掲げました。このミッションには、私たち自身が成長し続け、スタッフやお取引先企業様のワークスタイル、ライフスタイルの変革につながる“ポジティブな選択肢”を増やしていきたいという思いが込められています。当社グループは、ミッションをグループ全社で共有し、「WILL」―Working(働く)、Interesting(遊ぶ)、Learnning(学ぶ)、Life(暮らす)の事業領域で多様なサービスを展開しています。

当社グループの取り組みは、着実に成果を上げており、創業から20年たった今でも高い成長を続けています。そして、この成長軌道をより確かなものにすべく、2017年3月期から中期経営計画「Will Vision 2020」をスタートしました。

2017年3月期の概況
7期連続の増収・増益を達成

「Will Vision 2020」では、2020年3月期の売上高1,000億円、営業利益40億円の達成を目標にしています。その実現に向けて、「1.現時点における主要3事業を業界No.1に成長させる」「2.新たに3つの事業を柱として確立する」「3.上記以外の新たな事業分野において、一定規模の事業を創出する」という3つの重点戦略目標を設定しています。

中期経営計画の初年度にあたる2017年3月期は、全事業が成長し、私たちは目標達成に向けた確かな手ごたえを感じています。まず、主要3事業では、人材派遣業界の売上高成長率が2%前後といわれる中、それを大きく上回る約20%の成長を実現しました。これは当社グループの競争力の源泉である「ハイブリッド派遣」で現場マネジメント力を強化したことで、インストアシェア*や収益性の高い業務請負の受注が拡大したことによるものです。また、注力事業と位置付けている介護ビジネス支援事業は、事業開始から4年で50億円を超える規模にまで成長したほか、海外の事業もM&A戦略により拡大し、新たな事業の柱に成長しつつあります。
*特定顧客における派遣・請負スタッフのうち、自社の派遣・請負スタッフが占める割合

これらの結果、2017年3月期の業績は、売上高605.9億円(前期比34.6%増)、営業利益19.6億円(同37.3%増)、経常利益19.8億円(同34.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益10.1億円(同46.1%増)となり、7期連続の増収増益を達成しました。

今後の取り組み
ブランド力を高める

中期経営計画の達成に向けて、2年目は、営業拠点、サービスラインアップの拡充、サービス品質の向上によってブランド力を高めてまいります。クリニック向け人材紹介やバイリンガル人材紹介といった新たなサービスを提供するとともに、国内・海外でのM&Aや、ウィルグループHRTechファンドなどを通じて、新たな分野での事業創出を進めていきます。

また、国内の労働力人口が減少する中では、社員やスタッフの育成力が競争力のカギとなります。教育・研修制度などを充実させて、スタッフ一人ひとりのエンプロイアビリティー(雇用される力)の向上を図るとともに、フィールドサポーターやコーディネーターの現場マネジメント力に一層磨きをかけていきます。

株主の皆様へ
中長期視点に立った経営を継続

「Will Vision 2020」で掲げた売上高1,000億円、営業利益40億円の達成はひとつの通過点であると考えています。この通過点に向けて土台をしっかり固めると同時に、その先を見据えて、中長期視点に立った経営に努めてまいります。

また、当社グループでは、日頃ご支援いただいている株主の皆様のご期待にお応えするために、総還元性向*30%を目標に利益還元の充実にも取り組んでまいります。
*純利益に占める、配当と自己株式取得の合計額の割合

ウィルグループは、これからも成長を続けてまいります。株主の皆様におかれましては、引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。